今すぐお金が必要な場合の対処方法

無職ニートや、収入のない主婦がお金を借りるには、まず派遣に登録する

 

無職・無収入の主婦の方は、基本的にはキャッシングでお金を借りることはできません。
必ず、定期収入が必要です。

 

なので、まずは働くという意志が必要です。
働く意志がない場合、収入を得る意志がない場合、お金を借りても返せないということになりますから、キャッシングにかぎらずお金を借りることは不可能です。

 

なので、無職、無収入の人の場合は、お金を借りるのではなく、稼ぐか、売ることでお金を作る必要があります。

 

働く意志があるのに、仕事につけない人

無職の人がキャッシングを利用するには

 

働く意志はあるけど、なかなか面接で受からない、仕事につけないという人はまだ希望があります。
ハードルを低くして、まずは仕事につきましょう。

 

ハードルを低くして、仕事につくには、派遣社員として登録するのがおすすめです。

 

そして、派遣社員で登録しておけば「在籍確認」に対応してくれます。
そのため、まずは派遣社員に登録する、その後、キャッシングに申し込むという流れをすれば、最短3日ぐらいで最大50万ぐらいまででしたら、お金を借りることができます。

 

以下、職種ごと、エリアごとの派遣会社一覧です。
女性専用派遣会社もありますので、自分にあったところに登録しましょう。

 

派遣バイトの登録はこちら

登録完了してからキャッシングに借りる

無職の人がキャッシングを利用するには
派遣に登録がおわり、面接完了したら、キャッシングに申し込みをします。
年収は今年の見込みで記入すれば大丈夫です。

 

派遣社員に登録したてでも、仕事についていれば、キャッシングでお金を借りられます。
派遣社員でも借りやすいキャッシングサイトを一覧で載せておきます。

 

審査は平日であれば、14時までに申し込めば当日中に借りることが可能です。
以下のキャッシングは来店不要で、スマホだけで申し込みから振込みまで可能です。
返済も、振込みか自動引落なので、どこかに行く必要がなく、日本全国どこからでも、誰にも知られることなくお金が借りられます。

 

無職の人がキャッシングからお金を借りるには、のまとめ

 

無職であれば、まずは仕事を探しましょう。
仕事をしても、給料が入るのは働いた翌月の給料日ではありますが、仕事につけば、生活に必要なお金は借りることができます。

 

逆に、働く気がないのであれば、そのほかの定期的な収入が無い限りはお金を借りることもできません。

 

 

お金を貸す方の立場にたって考えれば、無職で収入もない人にお金を貸しても返ってこないのはわかりきっているわけだから、貸すわけないよね。

 

そういう人って、自分はなにもできない、って思い込んでいる人が多いんだけど、案外やってみたら、なにかしらできることはあったりするんだよね。

 

それが見つからないで、悩んでいるという人が多い気がする。

 

前にどこかで働いて、こっぴどく叱られたり、おまえはダメだと言われたりしても、それはそこが自分とは合わなかったというだけで、そうじゃないところもあるかもしれない。

 

また、怒られた内容も、実際に自分が直さなきゃ行けないところもあったかもしれない。

 

怒ってくれるというのも、相手にとってはエネルギーのいることだからね。別に怒らずにいきなりクビにしてもいいわけだから。

 

働き始めて、一般的な常識やマナーがないと、なかなか仕事に就くのは最初は難しいかもしれないけど、自分なりに折り合いがつけられるところをみつけて、そこで少し長い期間働けば、人や社会との関わり方もわかってくるし、自分は誰かの役にたてるんだということも自信になるから、最初はちょっと頑張ってみて。

 

アルバイトよりも派遣社員のほうがハードルは低いけど、、、期間更新で更新されるか分からないというデメリットもあるので、なんともいえなけど、アルバイトが厳しかったら、派遣で一度やってみるといいよ。楽すぎてびっくりするから。笑


 

関連メニュー