今すぐお金が必要な場合の対処方法

アローキャッシングの口コミと評判

→アローキャッシングの公式ホームページ

 

本社は愛知県名古屋市だが、日本全国対応。離島、僻地も可能。元々は岐阜で不動産業を営んでいた。

 

アローは昔は、契約書が必要だったので、当日借入はできなかった。平成26年ごろから、即日借入を積極的に行い、契約書も必要なくなった。

 

当日借りたいなら、午前中に申し込みしたほうがよい。45分で審査が終わらないこともある。

 

必要な書類は身分証明書(免許証など)と、収入証明書(給与明細2ヶ月あればOK)。必要書類の提出は公式サイトから可能。

 

ブラックや自己破産であっても、定期収入があれば、割りと審査に通りやすい。

 

2010年設立。設立が遅い分、過払い請求訴訟を受けていない。(逆にアコム、プロミスなど大手は過払い請求で経営がきつい。)そのため、ブラック相手でも体力的に可能なのかもしれない。

 

アローでも、許容される信用情報の内容は「延滞」「自己破産」「債務整理」「強制解約」

 

延滞については過去のもの限定。今現在、延滞が他にある人は不可。

 

ブラック、複数社借入、事故ありでも、一本化のおまとめローンが意外といける。

 

ちなみにおまとめローンは「借換ローン」という名前だが、総量規制対象外なので、年収の3分の1を超えていても、限度額の200万までだったら、通る可能性あり。

 

アローは即日融資OK。最短で45分。大抵の場合はもっとかかる。

 

返済についてもわりと柔軟。最低返済額は、利息分+アルファ。大手よりも一回の最低返済額は安くなる傾向あり。返済は月々4,000円から。

 

アローキャッシングは大手のキャッシング返済ができなくなった人を対象にしているため、このようなことができる。

 

借換のおまとめローンは積極的に貸してくれる印象がある。

 

大手で借入をしていて、返せなくなっている人は相談の価値あり。

 

アローキャッシングは闇金ではない。金融庁に登録されている。(貸金業:愛知県知事(3)第04195号、日本貸金業協会会員 第005786号)

 

アローキャッシングの対応は、かなり丁寧。

 

最初の借入は50万以下になることがほとんど。ただ、属性が良い(公務員)とかで勤務実績も長く、他に借入がなければ、いきなり200万借りれることもある。

 

限度額をあげるには、ある程度、契約してから返済実績が必要。

 

一定期間、返済実績を積むと、アローから増額可能という連絡がくる。

 

金利は15.0%〜19.94%。まぁ、100万ぐらい借りない限りは19.94%。SMBCモビットなどに比べて若干高い。SMBCモビットは18%。

 

→アローキャッシングの公式ホームページ

 

アローキャッシングの審査基準

 

20歳以上であること。

 

66歳未満であること。

 

健康保険に加入していること。

 

定職についていること、定期収入があること。(パート、アルバイト、学生、主婦OK)
年金受給者と専業主婦は不可。

 

自営業の場合は確定申告証明書が必要。

 

アローキャッシングからの電話か聞かれることは「今、他社でどれぐらい借入があるか」
正直に言うこと

 

あるのに、ありません、または、あるけど言いたくないというのは、審査通らない可能性が高い。

 

嘘をついては駄目。借入関係と収入関係の嘘はほぼ騙すことは不可能。

 

審査の際、誠実さもポイントとして入っている。嘘をつかないこと。誠実であること。
アローキャッシングの在籍確認は、アローとしてではなく、個人名で電話がかかってくる。職場や家族に知られることはない。

 

不在の場合「○○と申します。△△さんはいらっしゃいますか?」「△△は今、不在で席を外しております。」これだけで在籍確認は完了。本人が出る必要は必ずしもない。

 

アローキャッシングの入金と返済方法

 

入金も返済も振込みオンリー。専用ATMもカードもない。アローはカード発行をしていない。

 

半年以上、延滞をしていなければ、増額審査も可能。

 

アローキャッシングから増額しないかという連絡がくることもあり。

 

アローキャッシング、または他社で、延滞があると、増額審査はほぼ不可。

 

大手審査落ちの人でも借入可能。

 

アローキャッシングのメリット

 

ブラックの人でも可能な場合が多い。

 

最短45分で審査完了、当日借入可能。

 

最大で200万までの借換ローン(おまとめローン)が可能。

 

借換ローンは総量規制対象外(収入の3分の1超えてもOK)

 

アローキャッシングのデメリット

 

金利高め。上限19、94%。(SMBCモビットは現在18%)

 

多めに借りると結構、こたえる。

 

現在、定職についていて収入がある人限定。無職の人は不可。

 

アローキャッシングが駄目だった場合

 

アローキャッシングが借入不可だった場合(否決の場合)、次の一手としてはフクホーがおすすめ。
フクホーとアローキャッシング同時に申し込んでも、審査には特に支障はない。

 

フクホーもブラックOK。当日借入OK。金利が18%とアローより少し安い。

 

ただ、フクホーのほうが審査は若干厳しい傾向。通ったら儲けもんと考えとく。

 

→アローキャッシングの公式ホームページ

 

借りやすいキャッシング一覧

 

借りやすいキャシングとは、中堅どころ。
大手のプロミス、アコム、SMBCモビットなどは、あまりリスクをとりたがらない。

 

中堅どころは借りやすい分、金利は若干高い。大手が18%だとしたら、19%、20%ぐらい。

 

アロー 総量規制対象外。上限200万。定期収入があれば、ブラック、延滞、自己破産など信用情報にキズありでも借入可能。月々4000円~(月の利息がこれを上回る場合はそちら)金利は19.94%。審査緩め。
フクホー 総量規制対象外。上限200万。定期収入必要。金利18%。審査は若干厳し目。
ライフティ 総量規制対象だが、審査はわりと柔軟。借りやすい。他社で借りれない人も借りれることが多い。初回35日間金利無料。審査時間30分。他社借入ない場合は、おすすめ。ただし、金利20%と高め。

 

キャッシング関係の口コミ情報を集めています。

投稿はこちらまでお願いします。

 

対象エリア

 

北海道・東北
北海道|札幌市・青森県・岩手県|仙台市・宮城県・秋田県・山形県・福島県
関東
茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県|さいたま市・千葉県|千葉市・東京都|東京23区
中部
新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県|静岡市・浜松市・愛知県|名古屋市
近畿
三重県・滋賀県・京都府|京都市・大阪府|大阪市・堺市・兵庫県|神戸市・奈良県|奈良市・和歌山県
中国・四国
鳥取県・島根県・岡山県|岡山市・広島県|広島市・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県
九州・沖縄
福岡県|福岡市・北九州市・佐賀県・長崎県・熊本県|熊本市・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

 

会社概要

 

会社名株式会社 アロー
通称アロー
Webhttp://www.my-arrow.co.jp/
住所愛知県名古屋市中川区高畑2-144 高畑KMビル5階
代表者高樹 基弘
電話番号TEL 052-353-9900
FAX 052-353-9911
登録番号
加盟団体愛知県知事(2) 第0419号
日本貸金業協会 005786号
営業時間
休日平日 9:30 〜 18:00
土日・祝日
限度額フリーローン 〜 200 万円
実質年率15.00 % 〜 19.94 %
返済期間1 〜 120 回 (最長 10 年以内)