今すぐお金が必要な場合の対処方法

総量規制とはそもそもなんなの?

 

年収の3分の1以上は借りられないのが総量規制だけれど、「総量規制の例外」となる「おまとめローン」であれば総量規制を越えても借りられます。(アイフル、プロミス)

また、年収の3分の1以上は借りられないとはいっても、そもそも「借り入れ」にカウントされない、借り入れがあったりします。なので、借り入れ総額が年収の3分の1越えているから借りられないと思うのはまだ早いよ。


■プロミス 初めての人は30日間利息無料。申し込みから融資まで最短で1時間。
プロミス
※1度に多額の申し込みをするより、最初に少額を借り入れ申し込みをして、何度か返した後のほうが、上限金額を変更する形で、大きい金額は借りやすくなります。最初は審査通過を目標にしましょう。総量規制対象外の「おまとめローン」に割と積極的です。プロミスの公式ホームページ

 

■アイフル 安心感がある国内老舗。評判がよく信用があり。融資まで最短で1時間。初めての人は30日間利息無料

※アイフルはブランドイメージをとても大切にしている会社ですので、安心して借りられます。クリーンなイメージが強いです。初回は1ヶ月利息無料、最短融資1時間です。実は総量規制対象外の「おまとめローン」があることはあまり知られていません。アイフルの公式ホームページ

 

総量規制と言うのは、金融会社が金融外車が業者ではなく法人でもなく個人にお金を貸す場合に、年収の3分の1を超えてお金を貸しては又、制限のことです。

 

例えば、年収600万円の人が、金融会社から合計200万円を超えるお金を借りることができません。もし年収200万円以上のお金を金融会社が貸すとその金融会社は罰せられます。

 

ただし、罰せられるのは金融会社だけで借りた人は年収の3分の1以上貸金業者からお金を借りても、罰せられることはありません。

 

※すべてのローンが総量規制の対象となっているのではなく、一部のキャッシングについては総量規制の対象外になっています。

 

 

総量規制を越えて借りても、業者は罰せられるけど、借りる方は罰せられない。
だから、審査に通るかどうかの基準として、総量規制を考えればいいのであって、それ以上は考える必要がないのは、業者と違って気楽といえば、気楽だね。

 

でも、業者は罰せられるから、相手の収入や、他からの借り入れをかなりシビアに調べるというのは、分かるよね。


 

なぜ総量規制と言う制度ができたのか

総量規制外のカードローンとは?※総量規制対象外のキャッシング、銀行カードローンとは?

 

なぜ総量規制と言う制度があるのか総量規制と言う制度ができた理由は、お金を借りすぎて大変な人を減らすためです。

 

総量規制と言う制度ができる前は、お金を借りすぎて苦しむ人が多く、深刻な社会問題となっていました。

 

2003年前後には、5社以上からお金を借りている多重債務者が全国に約230万人以上いわいたと言われています。また当時経済的理由による自殺者は年間8000人ほどいました。

 

このような状況を改善するために2006年に貸金業法が抜本的に改正されました。そしてこの改正の時に貸金業法に盛り込まれた制度が総量規制と言う制度です。

 

 

昔は借金で自殺した人が多かったんだね。
規制もなかったから、そんなことはお構いなしに、貸す方も貸していた。
契約自由の国とはいえ、国民が借金で生活が苦しくなっていくのを国は見過ごすわけにはいかなかったんだね。
国民が破産したり、自殺したりし続けてしまえば、国もたちゆかなくなるのは目に見えてるからね。


 

総量規制の対象となる年収には何が含まれるか

総量規制外のカードローンとは?※総量規制対象外のキャッシング、銀行カードローンとは?
総量規制の制度について具体的に見ていきます。

 

金融業者は、個人の年収の3分の1を超える金額を貸付てはならないという法律があると言う話をしましたが、ここで言う年収とはどんなものを含んでいるでしょうか。

 

総量規制の対象となる年収には以下のものがあります。

 

お給料

 

貸金業法におけるお給料とは、社会保険料等、賞与、各種手当(交通費、残業代、住宅手当てなど)を含めた総支給額のことをいいます。

 

つまり手取りではなく、駆除するまでの給与証明書に書かれた金額のことです。

 

年金

 

年金には公的年金(国民年金、厚生年金、共済年金)と私的年金(公的年金以外の素敵年金)の2種類があります

 

貸金業法ではどちらも同じ年金として年収に含んでいます。

 

不動産賃貸収入

 

家や土地の賃料だけでなく、礼金、更新料、共益費、返還の必要のない保証金なども賃貸収入に含まれています。

 

ただし、事業として不動産賃貸業を行っている場合には、その収入は含まれません。

 

あくまでも、法人ではなく個人として不動産を賃貸する場合の収入が、総量規制の対象となるものです。

 

個人事業の事業所得

 

事業所得には、どんな業種でも良いのですが、何らかの個人事業営む結果えた収入のことです。

 

事業により得られた収入から必要経費を除いたもの事業所得にします。

 

収入にあたらない例外

総量規制外のカードローンとは?※総量規制対象外のキャッシング、銀行カードローンとは?

 

逆に、送料規制に含まれない年収にはどんな収入があるかと言うと以下のものはどれも年収には当たりません。

 

  • 宝くじの当選金
  • 競馬の当たり配当
  • 保険金がおりたことによる臨時収入
  • 投資によるリシア配当
  • 退職金
  • 土地や建物、株式、宝石屋健二などを打ったことによる収入

 

金融会社は収入をどのように把握するか

 

個人の年収は、自己申告に基づいています。
しかし、1つの金融業者から50万円以上の金額を借りるとき、又は金融外車から借り入れの総額が100万円を超える時、収入証明書の提出が求められます。

 

これは貸金業法の中の総量規制による制限があるからです。

 

収入証明書には以下ものが使われます。

 

  • 給与の支払明細書(直近の2ヶ月分以上)
  • 納税証明書
  • 所得証明書
  • 収支内訳書
  • 納税通知書
  • 年金証書
  • 年金通知書
  • 源泉徴収票
  • 支払調書
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書

 

いずれも古いものは使えません。設定上古い場合は新しいものの提出を求められます。

 

収入証明書は基本的には2ヶ月以内のものがもとで求められます。
しかし源泉徴収票は原本を出すように言われることが多いです。

 

 

どんなに貯金があっても、「定期的な収入」がないとお金は借りられない、と覚えておくといい。
不動産だけがあっても、そこから賃貸収入がない限りは、収入にはあたらない。

 

また、土地や車を売った収入があっても、一時的なものであればカウントされない。

 

1つの金融業者から50万円以上の金額を借りるとき、又は金融外車から借り入れの総額が100万円を超える時、収入証明書の提出というのもポイントで、逆を言えば、借入金額が50万以下、またはトータル借り入れ(総量規制の対象となる貸金業者のみ)の場合は収入証明書の提出を求められない場合が多い。審査もすんなり通ってしまうことが多いね。


総量規制の対象とはならないもの

総量規制外のカードローンとは?※総量規制対象外のキャッシング、銀行カードローンとは?
銀行は総量規制の対象にはなりません。なぜなら貸金業法で定義される貸金業者では無いからです。
総量規制の対象とはならない銀行は、具体的には以下のものです。

 

銀行

例)みずほ銀行

 

信用金庫

例)七島信用金庫

 

信用組合

例)第埼玉信用組合

 

労働金庫

例)東北ろうきん

 

農協

例)北海道信用農業協同組合連合会

 

漁協

例)東京都信用漁業協同組合連合会

 

保険会社

例)アフラック

 

証券金融会社

例)野村證券

 

質屋

例)大黒屋

 

上記の中には法人ではなく個人が対象にお金を貸しているものもあります。

 

それでも貸金業者ではないので総量規制にはあたりません。

 

 

銀行は貸金業者ではないから、総量規制の対象にはならないよ。
ただ、全く制限がないかといえば、そうではなく、収入の2分の1までが上限。

 

あと、意外と知られていないけど、銀行の借り入れ金額をキャッシング会社は知ることができない。
でも逆はできる。キャッシング会社の借り入れ金額を、銀行は知ることができるのね。

 

だから銀行からの借り入れをする意志があるなら、先にそっちをして、後からキャッシングというのもあり。

 

あと、そうそう。

 

大事なことを言い忘れた。
この総量規制の対象となる借り入れというのは

 

消費者金融会社、信販会社、銀行等での借入金額の合計

 

だけだからね。
自動車ローン、住宅ローンは含まない!
つまり、自動車ローンや住宅ローンの借り入れが、年収の3分の1越えていても、総量規制の対象となるキャッシングからは普通にお金は借りられるということ!
これ、意外とみんな知らない。覚えておいて!


貸金業者か調べる方法

 

お金を借りようとしているその会社が貸金業者かどうかを調べるための方法があります。

 

1、登録番号があるかどうか調べる

 

金融庁に登録されている貸金業者にはそれぞれ登録番号が付与されています。

 

正規に登録されたヤミ金ではない貸金業者であれば、ホームページのどこかに必ず金融庁に登録してある登録番号が記録されています。

 

つまり登録番号があれば貸金業者であると言うことができます。

 

例えば、プロミスであれば、関東財務局長(12)第00615号 が登録番号です。

 

2、業者検索をする

 

登録貸金業者情報検索
http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php

 

から、業者名を検索すると、貸金業者であるかどうかがでてきます。

 

 

有名どころはわざわざ調べるまでもないけど、あまり聞いたことのない貸金業者からお金を借りる場合は、調べた方がいいよね。
金融庁に登録されていない貸金業者はいわゆる闇金だから、違法な取り立てをされても、金融庁に通報する意味がない。
取り締まれないわけだから、こんなに怖いことはないよね。
怖さがわかんない人は「闇金ウシジマくん」をみてみて!


 

貸金業者からの借り入れは正確に把握されている

 

貸金業者は、借り入れの審査の際に、総量規制を守るために、申し込んだ人の他社での貸金業者での借り入れ状況を正確に把握する必要があります。

 

では、貸金業者は、どのように調べて、性格な借り入れ状況を把握するでしょうか。

 

個人の借り入れ状況は信用情報と呼ばれていて、信用情報機関で管理されています。

 

いくつかある新生情報機関であなたの個人情報を入力するそれと、貸金業者でなければなく、クレジットカードの利用状況も正確に表示されます。

 

 

他の貸金業者が借りてる金額を、貸金業者は正確にわりと把握できる。
だったら、聞かなくてもいいんじゃないかと思うよね。笑

 

ではなぜ借入金額を聞くかと言えば、お金の借り入れをごまかす人か、あと、データベースに載らない業者(闇金)からの借り入れがあるかどうかどうかを調べているんだと思う。

 

借入金額に嘘を言うのは辞めた方が良いね。
嘘をついたという情報はデーターベースには残らないけど、嘘が原因で、ばれて審査落ちしたら、審査落ちしたという情報は残るよ。


総量規制の対象とはならない借り入れ

総量規制外のカードローンとは?※総量規制対象外のキャッシング、銀行カードローンとは?
総量規制の対象にならないのがいくつかあります。

 

住宅ローン(不動産の購入、リフォームのための借り入れ)

 

家や土地などの不動産を買うための資金や、リフォームのための資金にのためのローンは総量規制の対象外となります。

 

また土地を買うためのお金、着手金、中間金、手付金の支払いのための、いわゆるつなぎ融資と言われるものも、総量規制の対象外です。

 

担保のある借り入れ

 

不動産を担保とした借り入れ
自動車を担保とした借り入れ
証券を担保とした借り入れ
医療費のための借り入れ

 

高額療養費制度で定められている自己負担分の超えた金額の借り入れは総量対象の総量規制の対象外になります

 

おまとめローン

 

いくつか係る借り入れを一本化するためにお金を借りることをまとめローンといいます

 

おまとめローンは総量規制の対象外です。

 

特にキャッシング会社、消費者金融による借り入れあっても、おまとめローンの場合は総量規制の対象外になります。

 

そのため、年収の3分の1以上の借り入れを行いたい場合、銀行のカードローン以外には、おまとめローンが選択肢と言えます。

 

正確には総量規制の例外といいます。上記の旨と総量規制にはならないローンのおまとめローン以外は全て総量規制の除外と言いますが、小間止めローンの場合は総量規制の例外と言う扱いになります。

 

この総量規制の例外は、お金を借りる人にとって一方的に有利な借り換えと呼ばれるものであり、お金を借りる人にとって一方的に有利な借り換えは総量規制の対象外となります。

 

緊急で必要なお金のための借り入れ

 

本人や親族のための医療費
お葬式の費用
旅先の急な出費、交通事故、病気などによる出費
交通機関のトラブルによる宿泊費

 

これらのような緊急で必要になったお金のための借り入れは、総量規制の例外となります。

 

個人事業者が借りるローン

 

個人が生活費のためではなく個人事業主としてお金を借りる場合は総量規制の対象外となります。(例外)

 

 

 

総量規制の対象外で、キャッシングからお金を借りたいのであれば、おまとめローン。
利息が安くなることが多いし、返済額が高くなるなら、おまとめする意味はないよね。笑

 

利用者に一方的に有利な貸し付け、という項目で総量規制の対象外とされているわけだから、これを利用しない手はない!


おまとめローンのあるキャッシング会社

 

■プロミス 初めての人は30日間利息無料。申し込みから融資まで最短で1時間。
プロミス
※1度に多額の申し込みをするより、最初に少額を借り入れ申し込みをして、何度か返した後のほうが、上限金額を変更する形で、大きい金額は借りやすくなります。最初は審査通過を目標にしましょう。総量規制対象外の「おまとめローン」に割と積極的です。プロミスの公式ホームページ

 

■アイフル 安心感がある国内老舗。評判がよく信用があり。融資まで最短で1時間。初めての人は30日間利息無料

※アイフルはブランドイメージをとても大切にしている会社ですので、安心して借りられます。クリーンなイメージが強いです。初回は1ヶ月利息無料、最短融資1時間です。実は総量規制対象外の「おまとめローン」があることはあまり知られていません。アイフルの公式ホームページ