今すぐお金が必要な場合の対処方法

ファクタリングって?

ファクタリングとは?※初めてファクタリングをする人に小学生でもわかるくらいわかりやすく説明します。

 

このページでは、ファクタリングを初めて知る人のために、ファクタリングとはなんなのかについて、小学校5年生でもわかるくらいわかりやすく説明いたします。

 

ファクタリングとは、モノやサービスが売れてすぐにお金が入らない場合、入る予定のお金を担保にお金を借りることをいいます。

 

ファクトと言う英語は、原因、事実と言う意味で、日常生活でもよく使われる英語ですが、ファクトと言う言葉には仲介屋さん、または問屋さんと言う意味もあり、仲介会社の意味合いでも資金と調達のファクタリングと言われいるのです。。

 

入る予定のお金のことを別名、売掛債権(うりかけさいけん)といいます。

 

日本では商売は信用取引であることが多いです。信用取引とはモノやサービスが売れたときに、その場でお金をもらうのではなく、請求書を発行して、後からお金をもらうことをいいます。

 

身近な例で言うと飲み屋さんの「ツケ」もその一つです。

 

見知らぬ人につけで、飲食代を払っていいところはないと思います。それはその人が必ず戻ってくるかわからないからです。

 

何度も店に来てくれる人であれば、そしてどこに住んでいるのかははっきりわかっている人であれば、飲み屋さんなどでもつけで支払いをすることができます。

 

実際の商売でも、特に会社同士での障害の場合は、その場での現金取引ではなく、見積書、請求書、領収書または納品書、という形でモノやサービスをと交換するのではなく、後払いである信用取引であることが多いんです。

 

この後払いで入ってくる予定のお金を担保にしてお金を借り、予定通り入ってきたお金を返すことをファクタリングといい、通常、数パーセントの手数料がかかります。

 

そして、ファクタリングを実際に行う場合には、「請求書を売る」という形で行われます。

 

例えば100万円の請求書を10%の手数料でファクタリングするという場合には、90万円で買ってもらいます。

 

すると、ファクタリング会社は、10万円の利益を出すことができ、ファクタリングされるほうは、すぐに必要だったお金を調達できます。

 

お金に余裕があり、すぐに必要なお金でなければ、ファクタリングをすることで損をしてしまいますが、逆に今日明日中にお金を用意しないと、不渡りを出す、倒産する、取引先の信用を失う、機会損失があるという場合には渡りに船ということになります。

 

売掛債権は、商品やサービスを提供してから実際にお金が入金されるまでの支払いサイクルが末締めの翌月払い、または末締めの翌々日払いと言うものが多く、提供する側にとっては先に提供するための経費の支払いがあってあとで代金の入金があるために、資金力が少ない中小企業ほど、資金繰りに苦しむことになります。

ファクタリングのメリット

銀行融資やキャッシング、その他のローンの場合は企業の返済能力が審査されるために多くの書類を必要とします。その書類の準備、提出にも手間と時間がかかります。そして審査の結果必ずお金が借りられると言うわけではなく、審査に落ちてお金が借りられないということもあり得ます。

 

しかしファクタリングの場合は、審査されるのは売掛金債権の相手の信用力です。こちらの信用情報や実績を必要としません。そのため売掛債権の取引先の企業が、公的行、中堅企業であれば、ファクタリングを申し込んだ企業の共石がたとえ悪くても、多くの借金を持っていたとしても、税金を滞納していたとしても、全く関係なくファクタリングを利用することができます。

ファクタリングには手数料はいくらかかりますか

キャッシングをすれば利息がかかるようにファクタリングにも手数料がかかります。

 

ファクタリングするする会社はボランティアでやっていないので、メリットがなければファクタリングはしません。

 

手数料は様々です。2% 3%と言うところから遠いところでは20% 30%と言うところもあります。

 

具体的に言うと請求書の金額が300万円の場合手数料が20%なら240万円、30%なら210万円が買取価格と言うことになります。

 

 

3者間ファクタリングと2者間ファクタリング 手数料の違い

ファクタリングには3者間ファクタリングと2者間ファクタリングがあり、ファクタリング会社にとって、リスクの違いから、手数料が異なります。

 

3者間ファクタリング

 

3者間ファクタリングは売掛債権を支払う取引先に、「ファクタリングをしますのでこの請求の支払い先はファクタリング会社の〇〇に入金をお願いします」と伝え、あらかじめ同意を得る必要があります。

 

同意が得られなければファクタリングは受けられません。

 

3者間ファクタリングのデメリットは、売掛債権の取引先に支払先の変更の通知が必要と言う点です。

 

日本のビジネスでは売掛債権を得るという行為自体が、今まであまり行われてこなかったため、まだ企業の間でも売掛債権譲渡、つまりファクタリングに関する理解は深まっていません。

 

そのため、ファクタリングをすると言う通知が届いた企業経営が、「傾いている、倒産するかもしれない」と考える人もいまだに多く、今後は取引しないほうがいいのかも、と言うように思われてしまう可能性があります。

 

ファクタリングを利用する会社にとっても、クライアントにそのように思われることを恐れてなかなかファクタリングには乗り出せないというケースもあります。

 

しかしファクタリング外車にとっては、初めに同意をとっておけば、ほぼ必ず売掛債権を回収することができるので、リスクが少ないと言う理由から、ファクタリングの手数料が安くなると言うメリットがあります。

 

2者間ファクタリング

 

2者間ファクタリングでは取引先への通知をしないでいいからその代わりに売掛金から取引先から入金があったら、そのままファクタリング会社に入金された金額を入金してくださいと言う仕組みになっています。

 

取引先に通知をせずに同意を取ることもなく、取引先から入金されたらそのお金をそのまま入金すると言う仕組みにしたのです。

 

このように2者間のみでファクタリングをすれば3者間ファクタリングのように、取引先からの信用を失うことがなくファクタリングができます。

 

最初からそうすればよかったのではないかと思うかもしれませんが、少し考えればわかるとおり、これにはファクタリング会社にとって大きなリスクが発生します。

 

まず第一に考えられる事は、取引先の同意がないため、ファクタリングを利用する会社が取引先からお金を受け取ってて、それをファクタリング会社に入金する前に、他の用途に使ってしまったり、倒産してしまった場合、貸し倒れとなります。

 

また、ファクタリングをする会社が別のファクタリング会社にも同じ債権を売り、買取価格を二重でだまし取ったと言うケースもあります。

 

しかし、平成17年に、「債権譲渡の体験要件に対する民法の特例等に関する法律の1部を改正する法律」(平成16年法律第148号)が施行され、比較的簡単に売掛債権の登記ができるようになりました。

 

登記というのは公的な証明です。公的な照明によって二重の債権譲渡のリスクは回避できます。

 

倒産や他の用途に使ってしまうリスクは、ファクタリングの手数料高くすることによって回避します。つまり2者間ファクタリングの手数料は3者間ファクタリングに比べて高くなります。

どこの会社が2者間ファクタリングでどこの会社が3者間ファクタリング?

通常のファクタリング会社は2者間ファクタリングも3者間ファクタリングも両方行っていることが多いです。
2者間ファクタリングに比べて、3者間ファクタリングのほうが、手数料が安く、限度額も高いことが多いです。

 

 

■トップマネジメント

※日本全国対応、来店不要。最短即日、個人事業主OK。担保、保証人不要。

 

■えんナビ

※5000万円まで対応。手数料5%。最短1日で調達。

 

■事業資金エージェント

※対面審査不要。オンラインで完結。最大3億円まで。手数料1、5%〜。

 

■ファクタリング東京

※少額でも可能。最大、1億円まで。